黒酢の健康パワーを120%引き出す活用レシピ
008

サーモンと黒酢にはアンチエイジング、美容、高血圧や動脈硬化など生活習慣病予防を助ける抗酸化力があります。イタリアン、和食、エスニック料理など、様々の料理で使われるサーモンを黒酢と合わせて、効能を楽しみましょう。

黒酢で作るサーモンカルパッチョの作り方(材料と方法) 2人分

008
材料
サーモン・・・・・100g
玉ねぎ・・・・・・1/4個
リーフレタス・・・1/2パック
パプリカ・・・・・1/2個
プチトマト・・・・4個
ブラックペッパー・少々
レモン汁・・・・・少々

(黒酢ドレッシング)
黒酢・・・・・・・大さじ1
オリーブオイル・・大さじ1
塩・・・・・・・・少々
胡椒・・・・・・・少々

作り方

  1. ドレッシングの材料をよく混ぜ合わせる。
  2. 玉ねぎはスライスして2分ほど電子レンジで加熱調理する。
  3. パプリカは細切りにする。
  4. お皿にサーモンと野菜を盛り付け、ドレッシングをかける。
  5. 最後にブラックペッパーとレモン汁を少々ふる。
メモ
・サーモンの代わりにたこ、イカ、ほたて、海老などの魚介類や白身魚のお刺身も黒酢ドレッシングとの相性がいいです。
・無農薬のレモンがあれば皮をすりおろして少量加えてみると、黒酢のまろやかさとレモンの酸味が合います。

黒酢で作るサーモンカルパッチョを毎日の食事に取り入れるレシピ

トマトとチーズのサラダ 2人分

材料
トマト・・・・・・・・・・小2個
チーズ(白カビタイプ)・・20g
モッツァレラチーズ・・・・30g
バジルの葉・・・・・・・・1/2パック

(ドレッシング)
黒酢・・・・・・・大さじ1
オリーブオイル・・大さじ1
醤油・・・・・・・小さじ1
岩塩・・・・・・・少々
ブラックペッパー・少々

作り方

  1. トマトとチーズをスライスして、お皿に盛りつける。
  2. バジルの葉を彩りに散らす。
  3. 岩塩とブラックペッパーをふりかけ、オリーブオイル、黒酢をそれぞれまわしかける。
  4. お好みで醤油をたらす。
メモ
・ドレッシングは混ぜず、それぞれトッピングして素材の味を楽しむレシピです。
・青カビチーズ、白カビチーズは味が濃厚ですので、少量だけ加えているレシピです。
・チーズとトマトの厚さをそろえて切ると、盛り付けが綺麗に仕上がるだけでなく、食べた時の味馴染み、食感もよくなります。

サーモン丼ぶり 1人分

材料
雑穀ごはん・・・150g

(すし酢)
黒酢・・・・・・小さじ1
砂糖・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・ひとつまみ

サーモン・・・・・50g
玉ねぎ・・・・・・1/4個
しめじ・・・・・・半パック
きざみのり・・・・適量

(和風だれ 1カップ分)
黒酢・・・・・・・1/4カップ
醤油・・・・・・・1/2カップ
みりん・・・・・・1/4カップ
だし昆布・・・・・5cm

作り方

  1. 和風たれを事前につくっておく。だし昆布を水で軽く洗い、黒酢、醤油、みりんに漬けて一晩熟成させる。
  2. 玉ねぎはスライスして電子レンジで2分ほど加熱調理する。しめじはオーブントースターで軽く焼く。
  3. 混ぜ合わせたすし酢を、雑穀ご飯にふりかけて、軽く混ぜる。
  4. 丼ぶりにご飯をよそい、サーモンを盛る。
  5. 玉ねぎとしめじを添えて、和風だれを適量まわしかける。
  6. 最後にきざみのりをトッピングする。

黒酢で作るサーモンカルパッチョがもつ健康効果

抗酸化作用

サーモンの綺麗なオレンジ色は「アスタキサンチン」と言われるポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用があります。同様に抗酸化作用の強いビタミンEの含有量も多く、この2つの成分が身体の酸化を防ぎ、アンチエイジング、生活習慣病の予防、免疫力アップなどに役立ちます。

黒酢にはクエン酸サイクルで身体にたまった乳酸やピルビン酸などの酸性物質を分解し、身体を正常なアルカリ性に保つ作用があります。サーモンと黒酢のダブルパワーが身体の酸化を予防します。

黒酢で作るサーモンカルパッチョはこんな体質・悩みの人におすすめ

肌トラブル

シミ・シワなど肌のトラブルには腸内環境を整えて善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を減らすことが大切です。肌は腸内環境の表れとも言われます。腸が健康になると肌のターンオーバーが正常に行われて老廃物は排泄され、美しい肌に生まれ変わります。

黒酢にも肌のターンオーバーを活性化させる作用があります。またコラーゲンの主成分となるアミノ酸のグリシン、アラニン、ヒドロキシプリンを含み、新しい美しい肌細胞を作る原料となります。

サーモンには真皮を構成するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を助けたり、肌の老化を防いだりする抗酸化作用があります。抗酸化パワーをもつアスタキサンチンと呼ばれる成分は脂溶性のため、油分と一緒に取り入れると吸収率が高まります。黒酢とオリーブオイルを混ぜたドレッシングとの相性がピッタリです。

まとめ

サーモンにはアンチエイジング、美容、高血圧や動脈硬化など生活習慣病予防に働く抗酸化力があります。黒酢にはクエン酸によるエネルギー代謝サイクルで身体の酸化を防ぐ作用があり、2つの相乗効果が酸化を防いで、美容と健康増進に役立ちます。

サーモンに含まれるアスタキサンチンは油分と一緒に摂取することで吸収率が高まるため、黒酢入りドレッシングとの相性がピッタリです。黒酢とオリーブオイル、黒酢とごま油、黒酢と米油などドレッシングに使う油を変えてみると、黒酢とサーモンを使ったレシピのバリエーションが膨らみます。