黒酢の健康パワーを120%引き出す活用レシピ
011

鰆(さわら)には飽和脂肪酸のDHA、EPAが豊富に含まれ、脳や神経組織の発育・機能維持、血流の改善、アンチエイジングなどの効能を発揮します。黒酢には血液の流れを改善して、総コレステロール低下作用、血圧降下作用など美容と健康増進に役立つ栄養素に優れています。

鰆の黒酢だれ 作り方(材料と方法)2人分

011
材料
鰆・・・・・・・2切れ
塩・・・・・・・適量
(黒酢だれ 1カップ分)
黒・・・・・・・1/4カップ
醤油・・・・・・1/2カップ
砂糖・・・・・・1/4カップ
だし昆布・・・・10cm

作り方

  1. だし昆布は表面を軽く水洗いして、水気をふきとる。黒酢、醤油、砂糖をまぜた調味液にだし昆布を数時間漬けこんでおく。
  2. 鰆の両面に塩を均一にふり、10分ほど置く。浮き出てきた水分はキッチンペーパーでふきとって臭みをのぞく。
  3. 両面に塩をふり、味付けする。
  4. フライパンを中火で熱し、鰆を皮面から焼き、軽く焦げ目がついたら裏返して裏面も焼く。
  5. 黒酢だれを回しかけて味を調える。
メモ
・黒酢だれは昆布を2~3時間以上浸けこんでおくと、昆布の旨味が黒酢の酸味に浸み込んで、お酢のツンとした酸味が和らぎます。

・黒酢だれの代わりに鰆を黒酢と味噌を合わせた辛子酢味噌に漬けこんで焼くと、味噌と砂糖の甘さと黒酢の酸味が調和しておいしく仕上がります。

(辛子酢味噌だれ)
白みそ・・・・・大さじ2
黒酢・・・・・・大さじ1
みりん・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・・大さじ1
辛子・・・・・・小さじ1/2

鰆の黒酢だれを毎日の食事に取り入れるレシピ

温野菜サラダと黒酢だれ 2人分

材料
ブロッコリー・・・50g
パプリカ・・・・・1/2個
レンコン・・・・・50g
しめじ・・・・・・1/2パック
エリンギ・・・・・大1本
マッシュルーム・・6個
オリーブオイル・・大さじ1と1/2
塩・・・・・・・・適量

(黒酢だれ 1カップ分)
黒酢・・・・・・・1/4カップ
醤油・・・・・・・1/2カップ
砂糖・・・・・・・1/4カップ
だし昆布・・・・・10cm

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルをひいて、中火で野菜ときのこを焼く。塩少々で味付けをする。
  2. 野菜をお皿に盛りつけ、黒酢だれを添える。
メモ
・オリーブオイルをごま油にかえて、中華風温野菜サラダも黒酢だれとあいます。

鰆の黒酢だれがもつ健康効果

DHA、EPA

鰆には不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。DHAは脳や神経組織の発育・機能維持の作用、EPAは血液をサラサラにして抗血栓作用の効果が期待されています。DHAやEPAのオメガ3系高度不飽和脂肪酸には中性脂肪を減らす作用もあり、メタボリックシンドロームや動脈硬化の予防にも効果的です。

黒酢は赤血球の動きをしなやかにする赤血球変形能を改善し、血液の流れをサラサラにする働きがあります。これによって全身に栄養と酸素が運ばれ、細胞が活性化して動脈硬化、脳梗塞などの生活習慣病予防に役立ちます。

鰆の黒酢だれはこんな体質・悩みの人におすすめ

疲労回復

鰆には良質なタンパク質が含まれ、運動や肉体労働などで傷ついた筋肉の修復やエネルギー代謝の促進、免疫力強化などに役立ちます。タンパク質は血管や筋肉、内臓、骨格、皮膚、ホルモンなどカラダを構成する成分となり、いくつものアミノ酸が連なっています。

疲労回復に効果の高いアミノ酸(ロイシン、イソロイシン、バリン、アルギニン、グルタミン酸)のうち、黒酢には必須アミノ酸の、バリン、ロイシン、イソロイシンと非必須アミノ酸のアルギニン、グルタミン酸がバランス良く含まれています。

また、黒酢に含まれるクエン酸にも疲労回復を助ける働きがあり、カラダにたまった活性酸素を分解してエネルギーを生成します。

肌トラブル

鰆にはビタミンB群が多く含まれています。ビタミンB2は脂肪のエネルギー代謝を助けて、細胞の新陳代謝を促進する作用があり、皮膚と粘膜の健康を維持しています。ナイアシンには抗酸化力があり、パントテン酸は肌の成分となるコラーゲンの生成を助けて、肌の健康を保っています。

黒酢にはコラーゲンを生成しているプロリン、アラニン、グリシンなどのアミノ酸が含まれ、肌のシミやシワを防ぐ力があります。コラーゲンは皮膚の細胞に酸素や栄養を運んで老廃物を取り除く働きがあります。

血圧が高い方

鰆は魚の中でもカリウムの含有量が多いのが特徴です。カリウムは体内の水分バランスを調整し、余分なナトリウムを尿と一緒に排泄させる働きがあります。

黒酢には血液の流れを良くしてサラサラにする作用があります。血液成分の赤血球がしなやかに変形できる能力があがり、カラダのすみずみに酸素や栄養分が行きわたるようになります。その結果、細胞が活性化し脂肪肝や動脈硬化、高血圧など生活習慣病の予防に繋がります。

まとめ

鰆には良質なタンパク質、脂質、ビタミンが含まれ、脳や神経組織の発育・機能維持、血流の改善、アンチエイジングなど様々な効能を発揮します。特に脂質は中性脂肪を下げる働き、学習能力の向上やアンチエイジングに効果的なDPA、血液をサラサラにして抗血栓作用に効果的なEPAが特徴的です。

黒酢は血液の流れを改善する赤血球変形能があり、高血圧の低下、中性脂肪低下、総コレステロール低下作用など、鰆と黒酢には美容と健康増進に役立つ栄養素が豊富に含まれています。